2014/11/13

中間テストが始まりました


今週は台湾大学の中間テスト週間なので、月曜日からテスト漬けの人がほとんどだったのですが、私は今週は木曜の中國考古學とオランダ語二と、金曜日の人類學史二がテストで、他は通常授業だったので、今日(11/13木曜)やっと私の今学期の中間テストが始まりました。

今、午前の中國考古學のテストを終えて帰宅したところです。

そしてやばいくらい手応えがないですw とりあえず思いつくだけ書いて、一時間半で負けて帰ってきましたw
(及第点頼む…)


このテストは主に中国の新石器時代を中心とした、各文化の特徴や地理的位置の暗記がメインだったので、テスト内容は「⚪︎⚪︎文化の特徴をあげよ」とか写真を見て「この土器はどの文化の物か、またはその名称」のような感じでした。

暗記メインなので、暗記できる人には易しいテストだったのではないでしょうか…。

個人的には去年の史前史の時の「二つの対立する学説について、それぞれの論点を検証しながら、自分の意見を述べよ」みたいな問題の方が回答が書きやすかったな…。まぁ私が暗記が苦手というか、時間を割いて準備しなかったのがいけないんですが。(一夜漬けじゃないけど二~三夜漬けだった。)

そもそも教科書からして、各地で発掘された土器や石器、建築物、埋葬方法の羅列ばかりで味気ないというか、考古学の調査報告って多分みんなこんな感じなんだろうか…。

中間テストが成績に占める割合は25%なので、課題と期末テストを頑張ればまだ挽回できる可能性はあります。まずは20日に提出の課題に取り掛からないとな…。


ともあれ、一つ目のテストは終了。今日は夜にオランダ語のテストがあります。昨日の夜、クラスメイトと勉強会をしました。とりあえず今から少し仮眠して、午後また復習します。


0 コメント:

コメントを投稿